2024年度 日本地理教育学会 第74回大会のご案内(5/1.ver)



各種申込み
※一般発表申し込み(2024年6月16日・日曜日締め切り):一般発表申し込み要領(←こちら)をご確認のうえで、要旨を作成し、お申込みください。

※懇親会申込み:「懇親会」参加申込フォーム(←こちら)(当日申込も可能ですが、参加人数の把握のため,8月19日までに入力してください)。
※エクスカーション申込み:「エクスカーション」参加申込フォーム(←こちら)(参加定員20名)

●大会概要大会案内PDF()
1.大会会場:名古屋学院大学
  会場の住所:〒456-8612 名古屋市熱田区熱田西町1番25号 名古屋キャンパス しろとり
  交通:地下鉄名港線「日比野」駅または名城線「西高蔵」駅下車、徒歩約10分(500m)
    *詳細地図は大学ホームページをご覧ください(学内駐車場は利用できません)。
    *宿泊は栄駅か金山駅周辺が便利です(宿泊場所は各自でお探しください)。
2.日程:2024年8月24日(土)・8月25日(日)
  ※時間等は変更となることもあります。あらかじめご了解ください。
  1日目(8/24土)評議員会,会長講演,シンポジウム,総会,懇親会
  2日目(8/25日)午前:一般発表,午後:エクスカーション
3.費用:大会参加費 2000円(要旨集含む),懇親会費 5000円
4.大会実行委員会: 委員長 國原幸一朗(名古屋学院大学)kunihara@ngu.ac.jp(@は半角に)
5.共催:名古屋学院大学
6.後援:愛知教育大学,愛知県教育委員会,名古屋市教育委員会,名古屋地理学会,愛知教育大学地理学会,愛知教育大学社会科教育学会

1日目(8月24日・土)詳細
※評議員会が10:30~11:30・翼館401会議室であります。
●会長講演 (12:30~13:15) 翼館クラインホール
●公開シンポジウム (13:30~16:00) 翼館クラインホール
 1.テーマ:地理教育における探究
 2.趣 旨:現行の学習指導要領下では、学習の問題を追究・解決する学習の充実を図り、「主体的・対話的・深い学び」を実現させることが求められている。高等学校では、「地理探究」など、「探究」を含む科目が新設され、「探究」志向が強まっているが、高等学校に限らず、各学校で「探究」は、どのように取り組まれているだろうか。そこで、今回のシンポジウムでは、社会科や地理歴史科での授業実践を通して、「探究」の現状や課題を確認し合いながら、改めて、地理教育でどのような「探究」を行うことができるかについて議論を深めてみたい。
 3.オーガナイザー:國原 幸一朗(名古屋学院大学)・近藤 裕幸(愛知教育大学)
 4.パネリスト:倉田 舞(愛知教育大学附属特別支援学校)
         児玉 和優(愛知教育大学附属名古屋中学校)
         松樹 琴乃(愛知県立一宮高等学校)
 5.コメンテーター:金 玹辰(筑波大学)・鈴木 允(横浜国立大学)
●総会(16:10~17:10)翼館クラインホール
  ※総会終了後に出版文化授賞式(予定)
●懇親会(18:00~)
  ◆会場:名古屋国際会議場3号館カフェテリア カスケード
  ◆申込み:「懇親会」参加申込フォーム(←こちら)(当日申込も可能ですが、参加人数の把握のため,8月19日までに入力してください)。
  ◆費用:5000円
2日目(8月25日・日)詳細
●一般発表 (9:30~12:00)
  ※※時間については発表者数により前後することがあります。
一般発表希望者は一般発表申し込み要領をご確認ください(申込〆切6/16日曜日)。
 第1会場
 第2会場
 第3会場
●エクスカーション(12:30~ 16:00頃、名鉄神宮駅近くで解散予定)
※開始時間等は変わる可能性があります。
  ◆場所:名古屋学院大学周辺(詳細はもうしばらくお待ちください)
  ◆申込み:「巡検」参加申込フォーム(←こちら)
   参加定員20名程度
  ◆ファシリテーター:近藤裕幸
  ◆運営:池俊介(早稲田大),秋元弘章(獨協大),牛垣雄矢(東京学芸大),青木久(東京学芸大),國原幸一朗(名古屋学院大)


過去の大会

 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度