2021年度 日本地理教育学会 第71回大会(大会参加受付7月26日~8月16日)


大会案内

1.大会概要(7/26更新)

1)方法:ZOOMによるオンライン開催
2)日程:
  8月21日(土) 評議員会(評議員) 11:00~12:00
            会長講演 13:00~13:45
          シンポジウム14:00~16:00
          総会16:10~17:10
  8月22日(日) 一般発表(準備開始9:50頃) 第1・第2会場
          午前   10:20~12:00
            午後前半 12:50~14:10
          午後後半 14:20~15:40
   ※時間等の詳細については若干の変更が加わることがあります。
3)ZOOMサポートチーム:山本隆太(静岡大),荒井正剛(東京学芸大),大谷誠一(平塚市立神明中),林靖子(獨協埼玉中高),齋藤亮次(公文国際学園),大導寺宏昭(専修大松戸高),本木弘悌(早大高等学院)
4)問い合わせ先:学会事務局(newgeo@u-gakugei.ac.jp(「@」を全角から半角に変更してください))

2.大会参加受付

1)受付開始:7月26日(月)~8月16日(月)
2)入力フォームに登録をお願いします。【〆切8月16日(月)】
 ●大会1日目会長講演・シンポジウム・総会共通「21日1日目申し込みフォーム」
 ●大会2日目一般発表「22日2日目申し込みフォーム」

3.会長講演

1)日 時:
  8月21日(土) 13:00-13:45(Zoomでの会議形式で開催 )
2)演 者:
  井田仁康(日本地理教育学会会長,筑波大学)
3)テーマ:   地理教育における研究とは

4.シンポジウム

1)日 時:
  8月21日(土) 14:00-16:00(Zoomでの会議形式で開催 )
2)テーマ:
  グローバルな地理教育で問われる見方・考え方 システム思考で地理を学ぶ
3)趣旨:
 資本主義による格差や気候変動の問題が顕在化している現在、「システムの転換」が求められている。またその対策であるSDGs(持続可能な開発目標)では、問題のつながりや階層性が指摘された上で、各種の問題の同時解決が目指されている。こうした現代的な諸問題の理解ならびに解決には、事象をつなげて捉えるシステム思考が欠かせない。地理教育では従来よりつなげる視点は保持しているが、現代的な問題に向き合うためには不足している視点もある。本シンポジウムでは、システム思考の理論とともに中高での授業実践を報告し、議論を深める。

4)プログラム:
  14:00~14:05 趣旨説明 山本隆太(静岡大学)
  14:05~14:20 報告1 梅村松秀(ERIC国際理解教育) 幼少期におけるシステム思考のスキル・能力の育成
  14:20~14:35 報告2 長谷川正利(桐蔭学園) 中学生にループ図描画でシステムアプローチ ―世界地誌「アメリカ合衆国」での実践―
  14:50~15:05 報告3 田中岳人(同志社女子中高) 関係構造図を用いて解決策を考える―「アラル海の縮小」を事例として―
  15:05~15:20 報告4 金田啓珠(山形県立東桜学館高等学校) 将来の地域のあり方を関係構造図を用いて考える ―山形県上山市の事例―
  15:20~15:30 コメンテーター 金玹辰(北海道教育大学)
  15:30~15:55 総合討論
  15:55~16:00 総括 阪上弘彬(兵庫教育大学)

5.一般発表近日中にアップします

1)日 時:
  8月22日(日) 準備開始9:50頃 第1・第2会場(Zoomでの会議形式で開催)
2)第1会場プログラム 近日中にアップします
 9:50 準備
 10:20 101~105
 12:00 昼休み
 12:50 106~109  14:10 小休憩
 14:20 110~113
 15:40 終了
  3)第2会場プログラム 近日中にアップ
 9:50 準備
 10:20 201~205
 12:00 昼休み
 12:50 206~209  14:10 小休憩
 14:20 210~213
 15:40 終了

一般発表 発表申込方法(受付【終了】:5/30開始~6/29締切)

1.締め切り 2021年6月29日(月)まで延長/終了

2.申し込み方法受付(受付中:5/30開始~6/29締切/終了

  ※一般発表については会員であること(連名の場合,少なくとも1名が会員であること)が条件です。
  ※プログラム作成を円滑に進めるため,発表者データはメール本文への記載でなく,Googleフォームに入力をお願いします。
  ※要旨原稿はメールで事務局あてに送付してください。

ステップ1 要旨の作成
  ・下の要旨作成要領にしたがって要旨を作成してください。
  ・送付されたものをそのまままとめて要旨集を作成します。修正はいたしませんのでよくご確認ください。
  ・ ファイル名は氏名所属(所属は略称で構いません。)とし,ファイル名で個々の発表を区別できるようご配慮ください。 

ステップ2 発表者データの入力(シンポジウム発表者は入力不要です)
  発表者データ入力フォームリンク(終了)

ステップ3 日本地理教育学会事務局あてに添付ファイルでお送りください。
   ※シンポジウム発表者はフォームへの入力は不要です。要旨原稿を件名をシンポジウム要旨としてメールでお送りください。
        件名 大会要旨(発表者または代表者名)
        添付ファイル名:氏名所属(所属は略称で構いません。)
        送付先アドレス:newgeo@u-gakugei.ac.jp(「@」を全角から半角に変更してください)。

   ※フォームへはお間違えのないようにご入力ください。締め切り時間を多少過ぎてもアクセスは可能です。間違いがないようにご入力ください。
   ※フォームへの入力がどうしてもできない場合には,その旨ならびに以下の必要事項を要旨送付の際のメール本文欄にご記入ください。
     メールアドレス(代表者連絡先)
     発表題目
     発表者(所属) 

【連名の場合】新 地理美(あいう大)・新 地理子(東京都立かきく高)
 【所属先の記入例】所属先が非常勤の場合(あいう大・非)|院生の場合(あいう大・院)|学部学生の場合(あいう大・学)|研究生の場合(あいう大・研)|2つの所属を示す必要がある場合(さしす市立さしす中/地理大・院)連名の場合「・」でつなげぐ。新 地理美(あいう大)・新地 理子(東京都立かきく高)。所属先が非常勤先の場合(あいう大・非),院生の場合(あいう大・院),学部生の場合(あいう大・学),研究生の場合(あいう大・研),とくに2つの所属を示す必要がある場合(さしす市立さしす中/地理大・院)など。     


要旨作成要領(一般発表者)

<紙冊子の要旨集は発行しません(PDFのみ)。あらかじめご了解ください。>

・要旨集はB5版・白黒である。メールで送られてきた添付ファイルをまとめ,要旨集を作成する。
・発表要旨は 1つの発表 B5・4頁までとする。
・用紙サイズはB5に設定し,上25mm,右20mm,下25mm,左20mm の余白をとり,タイトル,本文,図表ともに余白部分にはみ出さないようにする。
・フォントを9ポイント・明朝とし, 45文字×40行で設定する。
・タイトルは12 ポイント・ゴシックを用いる。タイトルの左に発表番号を記入するので,幅15mm のスペースを確保しておく。
・1 行(標準9pt)あけて,氏名と所属を記入する。10 ポイント・ゴシックを用いる。

  【連名の場合】新 地理美(あいう大)・新 地理子(東京都立かきく高)
  【所属先の記入例】所属先が非常勤の場合(あいう大・非)|院生の場合(あいう大・院)|学部学生の場合(あいう大・学)|研究生の場合(あいう大・研)|2つの所属を示す必要がある場合(さしす市立さしす中/地理大・院)連名の場合「・」でつなげぐ。新 地理美(あいう大)・新地 理子(東京都立かきく高)。所属先が非常勤先の場合(あいう大・非),院生の場合(あいう大・院),学部生の場合(あいう大・学),研究生の場合(あいう大・研),とくに2つの所属を示す必要がある場合(さしす市立さしす中/地理大・院)など。

・1 行(標準9pt)あけて,5個以下のキーワードをつける。10 ポイント・ゴシックを用いる。
・キーワードの下に1行あけて,設定時の書式(9ポイントの明朝体)で本文を記述する。

※図表等を載せる場合はタイトルをつけ,出典・資料等を明記する。
※注・文献をつける場合は,『新地理』の執筆要領に準ずるようにする。
※タイトル,本文,図表ともに余白部分にはみ出さないようにする。
※ファイルの形式はwordの形式またはPDFにする。
※ファイルサイズが大きくなりすぎないように注意してください。>

 要旨作成例  word形式  pdf形式